« 詩人:吉野弘の訃報 | トップページ | スイス・アルプス卓上カレンダーの制作 »

2014年1月22日 (水)

かけはぎの驚異! 蘇ったNEW YORKERのスーツ

先月の海外出張の時、帰り際に思わぬアクシデントに見舞われました。
同行者のスーツケースの壊れた把っ手から飛び出た針金が、ふとしたことで私のスーツのスラックスに引っかかり、15cmほど真一文字に、スラックスの太もも後方を破いたのでした。

持っている冬物の中では一番新しいNEW YORKERのスーツ。
スーツは、スラックスがダメになったら、上着もムダになってしまいます。
30%OFFの冬物バーゲンで買ったとは言え、シーズン中は7万円前後する品。
これは、全くついていない。

最初スラックスだけをオーダーメイドで2万5千円出して作り直すことを考えましたが、生地がないことがわかり、ダメでした。生地は、毎年変わるので、そのシーズン中でないと在庫は残っていないことが多いのです。

近所のショッピングモールの修理屋では修理出来ないと断られ、同じショッピングモール内のメンズショップで相談してみると、「NEW YORKER」に直接相談して、「かけはぎ」という特殊な修理をしてもらうのが一番との助言を得ました。

購入した池袋西武のNEW YORKERに相談すると、修理は承っているとのこと。しかし、付いていたハギレを失くしてしまったのと、キズが大きいので、いったん可能かどうか預からせて欲しいとの回答でした。
数日後、「ハギレが工場に残っており、修理可能。料金は12,600円。」との回答でした。
あと3千円出せば、バーゲン中の新品スラックスが買えるほどの高額ですが、同じスラックスは今では売っていないので、修理をお願いしました。

これが、これまでの経緯です。
そして2週間後、修理完了の連絡を受けました。

Img_0269

ぱっくり大きく切れたキズは、言われない限りわからないほど、上手に補修されていました。
こんなに元に戻ってしまうとは、正直、びっくりしました。
店のお姉さんも、「本当に上手に修理してありますね。技術力には定評があります。」と誇らしげでした。
「但し、布の強度まで全く同じとは言えませんので、ご注意ください」とのことでした。

Img_0276

ビックリです。それほど完璧でした。
かけはぎって、一体どんな技術か調べてみたら、「共布や、洋服の目立たない部分から糸(共糸)を取得し、破損した傷口を塞ぐように”織り上げる”という技法です。職人による細やかな手作業となります。」とのこと。
傷口を織り上げるって、これはすごい熟練の技ですね。

御陰さまで、1着のスーツを、きれいなまま捨てるというバカな結果にならずに済みました。
売り場には、結構お気に入りの柄のスラックスが、冬物バーゲンで15,000円程度で売っていました。修理がうまくいくかわからなかったのでJ.Pressの新しいスーツも1着買ってしまったし。この冬は、7万円使ってしまった...
でも、結果的にはお気に入りを捨てなくてよくなり、また素敵な新しいスーツも手に入り、万事うまくおさまったのだと自分に言い聞かせました。

Img_0293

Img_0284

NEW YORKERのスーツです。ブラックのシャドーストライプです。シャドーストライプとは、織り方の向きを交互にストライプ状に変えた生地です。光が当たると、ストライプが浮き出てきます。
3つボタン段返り。オーセンティックなアメリカントラッドモデルです。

こんなオーセンティックなスーツを着て、仕事をしていると、私は身も心も引き締まります。
人生の多くの時間に着る服だからこそ、仕立ての良い、お気に入りのモノを着たいと思って、主にJ.PressかNEW YORKERからスーツを選んでいます。価格は3割引のバーゲン後で5万円台のモノが多いです。

家内からは、「馬子にも衣装ネ!」とよくからかわれます。それは、事実なのですが...(^^;)

Img_0290

店のお姉さんが新品のように、白い柔らかい不織布でスラックスを包んでくれた後、NEW YORKER 50周年のロゴの入った紙袋に入れてくださいました。
実は、携帯にはNEW YORKERのメールマガジンが入ってくるので知っていましたが、1月にブランド設立50年を迎えたとのこと。成人の日の3連休に購入した人は、記念ブレザーを抽選でもらえるらしかったです。欲しかったなあ...

NEW YORKERのシンボル、タータンチェックは、好きです。この紙袋は大事に取っておこう。Brooks Brothersの紙袋も2つ取ってありますが、高級感あって、ちょっとした上着など運ぶ時、非常に重宝しています。

Img_0287

ついでに50周年を記念したパンフレットももらいました。

Img_0298

私にとって、NEW YORKERは、入社1年目の冬のボーナスで、初めてアメリカントラッドの正当派ブレザーを購入したことが、一番の思い出です。
そのブレザーは、今も現役です。太ることを想定して、大きめのものを買いましたが、今では、ちょうどぴったりです。

27年を突破しました。とても大事にしています。憧れのモノを初めて手にした嬉しさは、深く心に刻まれています。当時、よく家内との冬のデートに着ていきました。もちろん、今も、帰省で家内のご両親に会う時や街中に買物に出かける時など、かなりの頻度で着ています。冬物ブレザーは、今もこれだけです。

生地は、メルトン・フラノです。ふんわりと柔らかくて温かいのが特徴です。今では、メルトン・フラノのブレザーは見かけませんね。

Img_0301

年代物であることの証明。NEW YORKERのロゴが、今と違います。
これを以前、NEW YORKERの売り場のお兄さんに見せたら、結構感動していましたっけ!

|

« 詩人:吉野弘の訃報 | トップページ | スイス・アルプス卓上カレンダーの制作 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

かけはぎ♪凄いでしょ
高額ですが、日本人技術者の“仕事”と考えれば納得モノです。

わぁーめっちゃ懐かしい
NEW YOKER Legend のロゴ
私もコレを持っておりましたが…

今も“現役”で愛用している中には、『Kent IN TRADITION』と『BROOKS BROTHERS』活字ロゴのついたサックモデルがあります。
おそらく、きゃんぱーさんご愛用の紺ブレ君と同世代と思われます

投稿: がんもどき | 2014年1月23日 (木) 00時22分

いいものを大切に長く着る・・・大賛成。

「かけはぎ=高額」ってイメージだったので、
出したことはありません。
1cmで数万円、なんて聞きかじっていましたので・・・。

40年前のカーディガン、太ってサイズがあわないのに、
まだ持っています。

投稿: ひゅうが・のったり | 2014年1月23日 (木) 09時09分

物を大事にされるクーペさんらしさを感じます。
ウチの親は、昔メリヤス業(わかります?)を営んでいたので、穴が開いたセーターなんかは簡単に直していましたね。
スーツの生地とは作業の細やかさが違うんでしょうけど、よくまぁ上手く直せるもんだと感心していたことを思い出しました。

投稿: abekiyo | 2014年1月23日 (木) 11時54分

スーツも車もおうちも、くーぺさんのもの達は幸せですね。付喪神になって恩返ししてくれることでしょう。

投稿: ゴンモモ | 2014年1月23日 (木) 15時38分

モノを大事にすることの大切さがとても伝わってきました。
私も見習いたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

投稿: shuri_ctx | 2014年1月23日 (木) 20時59分

がんもどきさん、いつもありがとうございます。
がんもどきさんのおっしゃられたとおり、凄い技術ですね。
ここまで凄いとは思いませんでした。
今週、久々に修理後のスーツを着ましたが、シャドーストライプが光に反射して浮き出る様が良く、高かったけど、修理して良かったと思いました。

がんもどきさんも、同じくらい古い物を持っておられるのですね!車同様、お見それ致しました!

投稿: Coupe Camper | 2014年1月24日 (金) 22時53分

ひゅうが・のったりさん、いつもありがとうございます。
いいものを大切に着るというのは、私のファッションの師匠とも言える石津謙介氏から本を通じて教わったことです。これを「アイビーマインド」と呼ぶそうです。
かけはぎ、確かに高いです。買ったところで修理出来れば、それが一番安いそうです。私の場合は、15cmで12千円超えでしたから、まだ安い方なのかもしれません。

投稿: Coupe Camper | 2014年1月24日 (金) 22時56分

abekiyoさん、いつもありがとうございます。
メリヤスという言葉、いつのまにかに聞かなくなった言葉ですね。
子供の頃、肌着の丸首シャツを、母が「メリヤス着なさい」と言っていたような記憶があります。今、改めて調べてみると、ニット編みのことを指すようですね?穴のあいたセーターを直すのも大変そうですね〜 いろいろな技術あるんですね〜

投稿: Coupe Camper | 2014年1月24日 (金) 23時02分

ゴンモモさん、いつもありがとうございます。
確かにモノを大事にした結果、次に買うもののお金が貯まって、よりいい物が買えるということはありますね。もったないという心、私はこれからも大事にしていきたいと思っています。

投稿: Coupe Camper | 2014年1月24日 (金) 23時03分

shuri_ctxさん、いつもありがとうございます。
こちらこそ、今後とも何卒宜しくお願い致します。(^^)

投稿: Coupe Camper | 2014年1月24日 (金) 23時05分

私も以前買ったばかりのスーツに穴が空いてしまい「かけはぎ」修理を行ったことがあります。
靴も同じで気に入ったものであれば何度も修理して長年愛用できる相棒のようになりますね。
安物買いの銭失いとはよく言ったものです。

投稿: Hot Pot | 2014年1月25日 (土) 14時50分

HotPotさん、いつもありがとうございます。
まさにそうですね。いい物を大事に。
高級ブランドはなかなか買えませんが、そこそこの値段で高級ブランドを食うようなモノに出会えたら、イイナと思っています。

投稿: Coupe Camper | 2014年1月25日 (土) 22時59分

今年もよろしくお願いします。私も今もCoupe Camperさんと同じ”NEW YORKER LEGEND"の黒のメリノウールのジャケットを愛用しています。カジュアルフライデーはいつもこれを着ています。昔の方が丁寧に作っているのか、生地もしっかりしているせいか一緒に買ったスラックスはだめになってしまっても、こちらは未だにしっかりしています。他に親戚からいただいたVANのダブルの紺ブレもありますが、さすがに最近は着ないで大切に保管しています。
昨年からの懸案のコンピューターの買い替えも2日の初売りでiMacを手に入れました。約10年ぶりの買い替えですが、前のeMacでもさほど不満には感じてはいなかったのですが、やはり最新の物は違いますね。
今年はTourer2回目の車検ですが、Couperさん同様、次の買い替え候補が見つからない状況です。いいワゴンがないので次はSUVに行ってしまうかもしれません。今はTourerに満足しているので、私もメンテナンスに心がけて負けずに乗り続けたいと思っています。

投稿: minstrel | 2014年1月26日 (日) 02時12分

minstrelさん、いつもありがとうございます。
こちらこそ、今年も何卒宜しくお願い致します。
minstrelさんも、私と同じで、古き良き物を大事にされていらっしゃるんですね! ダブルのネイビーブレザー、流行りましたね。平成の初めくらいでしたっけ?
e-macからiMacに替えられたんですね。よくぞ長年お使いになられましたね!
Accord Tourer 大事にされてください。AcuraのTLXが、これまでのスポーツセダンの姿を受け継ぐモデルかと思いますが、Acuraでは、明確にマーケットの小ささを理由にワゴンは開発しないと明言されていました。
Hondaファンとしては、極力声を上げていくしかないのかな?
そのうちブログで、ワゴン復活を訴えていこうと思います。

投稿: Coupe Camper | 2014年1月26日 (日) 21時13分

はじめまして、こんばんは。 「男物(Men's)の買い物」サイを運営しております きりまる と申します。 

事後のご連絡&広告掲載の記事中で大変申し訳ございません。 ニューヨーカーレジェンドのブレザーに触れたレビューを書きましたので、Coupe Camperさまのこちらの記事のリンクを掲載させていただきました。


入社1年目の冬のボーナスで購入されたジャケットが、27年後も現役というのが素晴らしいです。

我が家のブレザーは箪笥の奥にしまいっぱなしになっていましたが、息子に着てもらおうと思いました。


リンクはご迷惑でしたら外しますので、その場合はお手数をおかけしますが、ご連絡いただけたらと思います。

勝手を申しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: きりまる | 2016年9月21日 (水) 19時48分

きりまるさん、はじめまして!
ようこそお越しくださいました。コメントありがとうございます。
ニューヨーカー・レジェンド時代のブレザーの記事について、リンクありがとうございました。記事当時は、27年でしたが、今年の冬で丸30年の現役となります。当時新入社員だった私も、今では50代半ばとなり、気持ちだけは若いつもりでしたが、すっかり年季が入ってしまいました(笑)。
きりまるさんのサイトを拝見させていただきました。まさにプロの書き手を感じさせる内容と構成、そしてコダワリで、びっくりいたしました。一方、女性が書いておられるのが新鮮ですね。
もしよろしければ、今後も時々覗かせていただきますので、私の方でもリンクを貼らせていただきたく、よろしくお願いいたします。

投稿: CoupeCamper | 2016年9月22日 (木) 09時28分

Coupe Camperさま

ブログにご訪問いただき、ありがとうございました!
コメントまで残していただき、感謝いたします。
また、リンクの件も重ねて御礼申し上げます。


我が家は、息子達も主人もあまりお洒落に関心のある方ではないので、なかなか更新できずにいますが、今後共よろしくお願いいたします。

話が違いますが、27回目のご結婚記念日、おめでとうございます! 四半世紀を過ぎてご夫婦が仲睦まじいというのは、すごく素敵だと思います。

うちはH2年だから、26回目かな? うーん・・・睦まじくせねば。。。


投稿: きりまる | 2016年9月25日 (日) 13時32分

きりまるさん、再度のコメントありがとうございます。
今後とも、何卒よろしくお願い致します。
また訪問させていたきますね!

投稿: CoupeCamper | 2016年9月25日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かけはぎの驚異! 蘇ったNEW YORKERのスーツ:

« 詩人:吉野弘の訃報 | トップページ | スイス・アルプス卓上カレンダーの制作 »