« J.Pressのコードレーン・コットンジャケット&パンツ購入記(1) | トップページ | カサブランカの開花 »

2013年7月21日 (日)

J.Pressのコードレーン・コットンジャケット&パンツ購入記(2)

Img_5618

さあ、家で、悩んだ末に手に入れたコードレーン・コットンジャケットと改めてご対面です。
コードレーンとは、「縦方向に白い太目の畝(=コード)を出したもの。やや硬く、さらりとした感触があり、白いコードは素朴な涼感にあふれています。コットンのもつ天然繊維特有の、親しみやすい肌触りが生かされた織り方で、夏の衣料に最適です。紳士服、婦人服、子供服とその用途も幅広く使用されています。」とのことです。

羽織ってみると、同じく夏の代表的なコットンジャケットのシアサッカーに比べて、固い着心地がします。特にパンツは、今履いているJ.Pressのコットンパンツに比べて、かなり固い履き心地を感じました。
ただ、さらりとした着心地は、確かにあります。

Img_5616

やはり憧れのJ.Pressのエンブレム。

Img_5617

ネットで調べてみると、安い他ブランドの製品の中には、裏地が全くないものもありました。
コットンは、意外に目が詰まっていて、サマーウールや新素材に比べて風通しはよくないので、汗をそのまま吸い込みやすいです。ネット生地のような裏地があった方がいいと思います。
J.Pressやニューヨーカー、ブルックスブラザーズだと、どれも写真のような裏地が取り付けてあります。

Img_6990_2
Img_5627

こちらは、今着ているニューヨーカーのシアサッカー・コットンジャケットです。
一言でシアサッカーと言っても、いろいろな生地があり、ニューヨーカーのものは、ライトブルー&ホワイトの色使いは淡い感じです。シアサッカー特有の「縮み」は、ニューヨーカーのこのモデルでは、買った時からそれほどきついものではありませんでした。

Img_5620

Img_5640

2つを並べてみました。
生地の違いの他、ディーテールに違いがあります。
左のニューヨーカーの方は、パッチポケット&蓋無しで、よりカジュアル。また、段返りの3つボタンで、これはアメトラの正当派です。
右のJ.Pressの方は、胸はイン・ポケット、脇ポケットは蓋付きのパッチポケットで、ビジネスにも使える応用性の広さがあります。ボタンは、ニューイングランドモデルの血統を引く2つボタン。白い貝のボタンは、夏らしさをさらに際立たせてくれます。

「LUXSIC」のタグが付いていたのですが、これは、「シルクのような光沢とカシミヤのようになめらかな感触で、ロイヤルコットンとして英国の王侯貴族に愛されてきた海島綿。この海島綿の優れたDNAを受け継ぎ米国ニューメキシコ州の気候と土壌に育まれた、全く新しい超長綿です。」とのこと。
生地は、確かに非常によいです。

Img_0259

さて、20日土曜は、朝から大忙し。ちょっといつもより長めのジョギングの後は、朝食、洗車。
そして開店20分前の日本橋三越のJ.Pressに電話して、在庫確認と取り置きのお願いです。
無事押さえました。
その後は、母を千葉の病院まで送り届け、午後からは父の病院へ。先生のお話も伺った後で、また自宅に戻って、日本橋に向かいます。

Img_0257

日本橋三越本店は、ちょっとハイソな雰囲気の漂うお店です。店の中は、重厚な雰囲気。歴史を感じさせます。
トラッドショップに行く時は、よそ行きの格好を心がけます。

Img_5650

前述のシアサッカージャケットには、シンプルなホワイトのポロシャツ(ユニクロ製)、オフホワイト(アイボリー?)のコットンパンツ(J.Press製)、CHAPSのリボンベルトを合わせます。

Img_5641

靴は、大事に履いているリーガルのデッキシューズ。昔は、リーガル・ウェストコーストという廉価版のデッキシューズが7〜8千円で靴量販店に売っていて、サンダル代わりに裸足でいつも履いていました。でも、もうそれらは姿を消してしまい、今はコイツを大事に履いています。裸足で履くのもやめました。

Photo_2


さて、取り置きしていただいたパンツを試着します。
「シルクのような光沢とカシミヤのようになめらかな感触で、ロイヤルコットンとして英国の王侯貴族に愛されてきた海島綿。この海島綿の優れたDNAを受け継ぎ米国ニューメキシコ州の気候と土壌に育まれた、全く新しい超長綿(LUXIC)を使用して作ったパンツです。適度なシャリ感と清涼感が爽やかな印象を醸し出します。同素材のジャケットとセットアップでもお使いいただけます。」(ZOZOTOWNの説明より)

やはり幾分太ももがいつもよりタイトな感じがありますが、大丈夫でした。ウェストは詰める必要はありませんでした。

もっと体重を落とさなくてはいけません。
180cmの身長だと標準のウェストは78cmのようです。私は、走り込みで少しやせて83cm。まだまだです。体重も標準が71kgなのですが、今は78〜79kgです。体型的には、胸板が厚く、胸囲が100cmほどあります。
調べているうちに、どうも「ソフトマッチョ」の部類に入るらしいことがわかりました。
女性の言うソフトマッチョとは?
そういえば、ジョギングを終えて、近所を息を整えながら歩いている時、近所の若い奥様から「○○さんて、すごく胸板厚いんですね。」と言われて、恥ずかしい思いをしたことがあります。
格闘家のように鍛えている訳ではなく、贅肉も含んでの体型なだけなので。

昨日玉川髙島屋で購入したジャケットには、ネームを入れていただくことにしました。
ここでは、裾上げ修理の職人さんが常駐されているとのことで、ネーム入れはこの場5分で完了。裾直しも2時間後の閉店近くであれば、完了するとのこと。
凄いなあ。さすが三越本店。聞けばスーツ需要が旺盛であり、この店舗ではスーツ類を充実させているとのこと。そういえば、駐車場には、ずらりと黒塗りの車の列。
ただ、クリアランスセールのサイズチェックをしたら、7Aから8ABのものは、全く残っていませんでした。やはり、私には無縁の世界か...(笑)

後日、会社帰りに受け取りにくることを伝えて帰りました。

Img_5632

あと、コットンジャケットのメンテナンスについて、聞いてみました。
シアサッカージャケットを使ってみてよくわかったのですが、汗をかいた後、そのままにしておくと、やがて襟回りや袖口から黄ばみが始まってきます。クリーニングのしみ落としをしても、なかなか落ちなくなってきます。
最近では、古くなってきて、なんとなく全体的に黄ばんできてしまったので、毎回、着た後は、すぐにドライクリーニングに出しており、結構、維持費のかかる服になっています。

アドバイスは、以下のとおりでした。
「着る前に、襟回りや袖口など、汚れやすい部分に、アイロン掛けのスムーザーをつけて、中温で軽くアイロンを当てておきます。そうすることで、糊付けされたことになり、次回クリーニングの時には、汚れが付着した糊が洗い流され、繊維に汚れがこびりつきにくくなります。」

なるほど。以前インターネットで調べた時も同じようなことが書いてあったなあ。
実践して、いつまでも大事に着よう。

なお、シアサッカージャケットの出番は徐々に減ると思いますが、お気に入りの定番アイテムだったので、コードレーン・ジャケットが古くなり、次は新しいシアサッカーをとなる時まで、大事にしたいと思います。

Img_5652

帰る前に、他の店も見て回りました。
実は、ブランドものの新しいポロシャツが1着欲しいのです。
普段はユニクロで十分なのですが、よそ行きには、肌触りのよいいい素材を使って、それが胸のマークでわかるようなポロシャツは1つ必要です。
一昨年、CHAPSのポロシャツを30%OFFで5千円で購入したのですが、もう1枚、ブルックスブラザーズあたりのものが欲しいと思っていました。
目下、一番のお気に入りのブルックスブラザーズのものは、シアサッカージャケットと同タイミングで購入してもう丸7年。洗いざらしてよれよれです。(写真上)

でも、各ブランドとも、30%オフで7千円という価格は、買い得感からは程遠く、やめました。どんなに高くても5千円余でないと。
ポロシャツは、ユニクロの安いので我慢。あきらめました。

でも、ユニクロって、やはり色落ちしたり、傷むの早いんですよね。去年買ったものが早くも1枚、一部だけ色落ちして、ダメになりつつあります。だから、私のポリシーに合わず、嫌い。
でも、2〜3千円だからねえ...

Img_0261

涼しい風が吹いていて、シアサッカージャケット羽織っていても、汗をかきません。
素敵な夕暮れだなあ。
時々、仕事上の宴席で訪れる日本橋の大通りを神田駅方面に歩きながら、さわやかな風を感じていました。

|

« J.Pressのコードレーン・コットンジャケット&パンツ購入記(1) | トップページ | カサブランカの開花 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コードレーンやシアサッカーのジャケットを着用される方は、メンテナンスの手間も惜しまない本当のお洒落さんだと思います!

大切に、末長く愛用して下さいsun

投稿: がんもどき | 2013年7月21日 (日) 15時17分

がんもどきさん、再びありがとうございます。
がんもどきさんのような達人の方に、そう言っていただけますと光栄です。happy01
大切に着ます。

投稿: Coupe Camper | 2013年7月21日 (日) 22時22分

胸板が厚いのは、とても男性らしくてかっこ良いと思います!
女性側から見ると、ひょろひょろな感じよりも、頼りがいがあるように見えると思います♪
CoupeCamperさんの衣服に対する気遣い等、いつも本当に素敵だなぁと思いながら見ています。こだわりがある方が、日々の何気ない生活の一部も楽しく感じますよね。
私は日本橋の三越へは、よく地下でお菓子を買うのに行きます。
本当に美味しそうで目移りしてしまうものばかりガラスケースの中に並んでいて、見ているだけでも飽きないです。

投稿: algernon | 2013年7月23日 (火) 01時46分

algernonさん、いつもありがとうございます。
胸板の件、スーパーマンのクラークケントみたいだったら良いのですが、鍛えてませんので、実は力を相当入れない限り、ブヨブヨ...(^^;;)
服の件、家内にすら、よくわからないこだわりと言われます。
但し、「馬子にも衣装」の時はあるらしいです。
三越本店行かれるんですね。私は買ったことありませんが、高くて美味しいお菓子たくさんあるらしいですね。もらったことあります。

投稿: Coupe Camper | 2013年7月23日 (火) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210374/52539568

この記事へのトラックバック一覧です: J.Pressのコードレーン・コットンジャケット&パンツ購入記(2):

« J.Pressのコードレーン・コットンジャケット&パンツ購入記(1) | トップページ | カサブランカの開花 »