« 震災ボランティア参加 | トップページ | 中秋の名月 »

2011年9月 3日 (土)

キャンプ場予約

今年の結婚記念日は、4年ぶりにキャンプ場でテント泊を楽しもうと、茨城県水戸ICから15分ほどのところにある「城里家族旅行村(旧称:常北家族旅行村)藤井川ダムふれあいの里キャンプ場」を予約しました。

ここは、昔からわが家が一番好きだったキャンプ場で、娘が中学に入る迄には、毎年1〜2回訪れていたキャンプでした。
5月〜11月まで、毎月出かけていたものでしたが、娘が中学に入り部活で忙しくなる頃から、頻度は激減し、年に1〜2回から、やがて数年に1回にまで減ってしまいました。

娘の受験も終わり、ようやくキャンプに行ける時代が再びやってきました。ただ、3月の震災と原発事故が、再開の心にブレーキをかけていました。
でも、先月、斑尾高原どんぐり村キャンプ場のログキャビンに泊まってから、ようやくふんぎりが付きました。

今日は、近くにあるスポーツデポへ、タープ(天幕)の買い替え検討に行きました。わが家のタープは、1994年からずっと使っているものです。去年、自治会のBBQ会で久しぶりに使った時は、なんとポールとポールを連結しているショックコードが劣化で伸び切っていました。
そろそろバーゲンセールが始まるのでは?と期待していたのですが、残念ながらまだでした。昔から、いつもバーゲンセールで3割以上安く購入して、キャンプグッズを揃えてきました。
キャンプ直前迄粘ってみよう。(^^)

Img_1651

久々にキャンプに関する本を読み返しました。
ブルーガイド「ファミリーキャンピング」(昆田亨著)です。
1992年発行の本で、娘が1歳になって、デイキャンプから始めた時に購入した初心者向けのキャンプ指導書です。

著者がキャンプを深く理解し、心からキャンプを愛している人だということが文面から伝わってきて、キャンプの楽しさが自然と伝わってきます。
だから読んでいて楽しくて、今でも捨てずにとっておいて、時々思い出したように読み返します。

今では中古でしか手に入らないようですが、いい本なので復刊してほしいです。

Img_1650

今、この写真を見ると、使用する車やテント、服装などに、かなり時代の流れを感じました。
あれから19年か... そんなに経ったんだ。

この本を久々に読み返してみて、しばらく忘れていたキャンプの楽しみをはっきりと思い出しました。

Img_1649

本に紹介されているスイスのキャンプ場。山はアイガー。
素晴らしいキャンプ場ですね。
フランス製のテントも、今見るとゴージャス。

著者は、この本の中で、ドームテントとタープを併用する日本のオートキャンプ黎明期の動きに、違和感を覚える旨書いています。ドームテント単体では設営は楽だが、テープが絶対必要で、2つ設営するとなると、結局、欧州で主流の家型テントの方が早いし、場所も取らず、優れていると。

今読み返してみて、現在はタープからさらにスクリーンドームに主流が変わってきている中、まさに2つテントを立てているこの状況に、著者の視点どおり、家型テント1つでもいいなあと思ったりします。

Img_1654

その他、昔のキャンプ関係の本。これ以外にも月刊のアウトドア誌を買ったり、クッキング本も買ったり(これは今でも使っています)、本当いろいろ読んだものです。懐かしい。

Img_1652

これは数年前に買った現在使っているブルーガイドのキャンプ場ガイドです。

最後に、昔のパソコン通信、NIFTYでの電子会議室FCAMP(キャンピングフォーラム)に投稿していたアウトドア日誌から、1999年の晩秋に書いたものを転載致します。

*バックミュージックは、中村由利子さんの「ディア・グリーンフィールド」です。

----------------------------------------------
晩秋の星空【茨城県常北家族旅行村】1999年11月

 11月半ばの秋晴れのすがすがしい日、我が家は、茨城県の常北家族旅行村にやってきていた。目の前では、パチパチと薪が音をたてながら、真っ赤な炎をあげていた。
 
「やはり焚き火は、いいね。何だかじんわり身体が暖まってくるよね。」
「そろそろ、ぜんざいの準備を始めた方がいいわよ。」
「よし、そうだな。さあ、みほちゃん、おとうが小豆を煮ている間、時々焚き火をうちわであおいでね。」
「うん、わかった。」
 かみさんに促されて、小豆をぐつぐつ煮始める。コッヘルをシングルバーナーにかけてしばらくすると、白い蒸気が盛んに吹き出てきた。
 
 今年の最終キャンプは、いつもの年に比べたら2週間以上も遅くなってしまった。し
たがって、寒さ対策には十分気を使った。ちょっと邪道だけど、今回はいつもと違って電源サイトを予約し、夜は電気毛布を使うことにした。そして、焚き火。おやつも、身体を内側から暖めてくれるぜんざいにしてみた。
 小豆を煮ている間に、サイトの前でお正月の年賀状用の家族写真を撮った。晩秋の午後の日差しは、とてもやわらかだった。回りの木々の葉は、黄金色に輝いていた。
 
 そのうち弟家族が到着した。弟にその奥さんと2才の娘の3人家族だ。でも、奥さんのお腹には赤ちゃんがいるので、今日はテント泊ではなく、バンガロー泊だった。
「いや~、遅くなってごめん。なんやかんやで、準備に手間取って、すっかり出るのが遅くなってしまった。」
「ああ、いいよ、いいよ。ちょうどぜんざいが出来上がる頃だから、これ食べて焚き火にでも当たっていよう。」
 小豆は煮えていたので、あとは、おもちを焚き火の上で焼いて、鍋に放り込めば出来上がりである。網の上で、小さく切った餅が、次々とぷしゅーっと膨らんではつぶれた。
 できあがったぜんざいを皆に手渡す。器からの湯気が心地よい。
 
 午後の日差しは夕陽へと変わった。さきほどから、きゃっきゃ、きゃっきゃとボール遊びをする私の娘と弟の娘の2つの影も、遠く長く伸びた。
 ああ、晩秋である。
  
 夕食は、五目釜飯に豚汁、そして焼き鳥にした。日が落ちるとすっかり寒くなった。
ランタンに火を灯し、焚き火の回りに椅子を並べたまま、その回りで輪になって夕食を食べた。やはり、大家族で食べる夕食はうまい。そして、火を囲みながらというのは、
一層キャンプの夕食をうまくした。ビールで乾杯をし、焼き鳥片手に酎杯に酔った。豚汁は身体を芯から暖めてくれ、釜飯は日本人で良かったなあと改めて思わせてくれた。
 夕食を食べたら、かみさんが、焚き火の中にアルミ箔で包んだリンゴを放り込んだ。
焼き上がったリンゴには、蜂蜜とシナモンをかけて、コーヒーと一緒にデザートとした。とても甘く、娘達も喜んで食べた。
 
 しばらくして場内アナウンスが流れた。
「本日は、夜7時半より、場内天文台にて、木星観測を行います。」
 昼間、今週はやらないと聞いていたので、びっくりした。何とラッキーな!
 私のかみさんと弟の奥さんは、夜相当冷え込んできたので、バンガローで待っていることにして、私と弟、そして2人の娘で行くことにした。
 
 天文台は、おとぎの国のようなバンガロー&キャビン村の一角にあった。たくさんキャンパー達が集まり、寒い中、外で順番を待っていた。中にはすっかりお酒で出来上がった人もいて、さかんに子供達に”寒いよ~って言え!”とけしかけていた。そんな中、実直そうな天文台の観測員の方が、「お静かにお待ち願います。」と繰り返していた。酔っぱらいを迎える天文台の方も、ちょっと気の毒であるが、あまりに対照的なのでちょっとおかしかった。
 最初に木星についての科学映画を見た後、屋上にあるドームに上がった。屋上では、観測員の方々が晩秋の夜空について説明をしてくれた。ひときわ輝くのが木星。そしてその横で輝いているのが土星とのことだった。今年は、2つの惑星が同じ方角に見える珍しい年なのだそうだ。
 吐く息は真っ白だ。かなり冷え込んでいる。そんな中で、満天の星々達が、冷たく暗い夜空の中で、きらきらと氷のように輝いていた。
 
 それから順番にドームの中に入って、天体望遠鏡を覗かせてもらう。天体望遠鏡は、まさに天文台と言えるとても大きな立派な”機械”であった。そして、すっと一直線に、ひときわ輝く星に狙いを定めていた。順番がやってきて、まず娘に覗かせる。
「どう? みほちゃん。木星見える?」
「おとう! すごいよ! 縞模様まで見えるよ!」
 今度は、ちょっとどきどきしながら私が覗く。すると、白く輝く硬貨のような木星には、くっきりと3本くらいの縞模様が見て取れた。そしてさらに驚くことに、肉眼では見えないのに、木星の両脇には、4つの銀色の粒のような衛星が輝いていたのである。
何と神秘的な!
 
 私達はみんな大満足でサイトに戻った。
 
 いったん弟家族の泊まるバンガローに集まった後、私達家族はテントに戻った。いよいよ試練の寒い夜となった。ちょっと不安だったが、電気毛布のスイッチを入れ、シュラフに潜り込むと暖かく眠れそうだった。寝相の悪い娘がシュラフから飛び出さないように、しっかりジッパーを閉めてやった。
 
「なおちゃん、寒くないか?」 私はかみさんに話しかけた。
「うん。結構暖かいわ。私も、こんな季節でもキャンプできるくらいに、良くなったのねえ。」
「ああ、本当だね。よかったね。」

 キャンプを再開した時、それは、かみさんの半年近い入院でいったんばらばらになってしまった家族の絆を確かめるような気持ちで、私はキャンプをしていたかと思う。あれから丸5年たった。今では嘘のようにすっかり落ちつきを取り戻している。
 2000年の年賀状は、このキャンプで撮った家族写真を、フォトCDに焼いてもらい、これを”宛名職人”でアレンジして作成した。流行のパソコン年賀状である。さすが今年買ったエプソンのプリンターPM770c、パソコンが古くても驚くほど鮮明な画像で大量の印刷をこなした。オータムカラーの中で、微笑む家族。2000年も楽しいキャンプができますように!

Img0005s


|

« 震災ボランティア参加 | トップページ | 中秋の名月 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

なんか超懐かしい「日誌」に出会ったような気がします (^^)v
もう12年前ですかぁ~・・・

記念日のキャンプ、いいお天気になるといいですね!

最後の写真はもうちっと大きなのをヨロシクです (^^ゞ

投稿: たっち石川 | 2011年9月 3日 (土) 19時44分

我が家もファミリーキャンプはすっかりご無沙汰です。初めてオートキャンプに行ってからもう20数年が経ってしまいました。なんたって娘はもう30に手がとどこうかという歳なんですから。

あのころが懐かしいですねぇ。捨てきれなくてとってある道具がまだたくさんあります。

投稿: 常吉 | 2011年9月 3日 (土) 21時08分

たっちさん、いつもありがとうございます。

本当、随分年月が経ってしまったような気がします。
あの頃のFCAMPは本当に楽しいコミュニティでしたね。
今回キャンプから帰ってきたら、久々にmixiのFCAMPにアップしようと思います。

投稿: Coupe Camper | 2011年9月 3日 (土) 21時20分

常吉さん、いつもありがとうございます。

常吉さんは、昔から本当にたくさんいろいろされていましたね!
昔の会議室が再び全て読めたら、本当に懐かしいのですが。特にアウトドア日誌の14番会議室なんか。

投稿: Coupe Camper | 2011年9月 3日 (土) 21時22分

あら、懐かしい。

14番会議室の04488番ですねぇ、翌年の1月10日にアップされてますねぇ。

、、、、(^^;)。ニフタームですが、ログが少し残っています。

楽しいキャンプが出来ると良いですね、キャンプ日誌楽しみにしています。

投稿: ライダー | 2011年9月 4日 (日) 01時57分

ライダーさん、いつもありがとうございます。

おお、ログを一部残されてるんですね。スゴイ!!
私は、自分の日誌だけは残しているんですが...

まだちょっと先ですが、キャンプ日誌また書きます!

投稿: Coupe Camper | 2011年9月 4日 (日) 12時57分


昭和ではないですが、懐かしきよき時代でした
と感じてしまうくらいキャンプはご無沙汰です。

ライフラインのありがたみを感じなければいけませんです。

何処でも通信できる今でも節約のことを忘れないで
いようと思います。キャンプ生活をしたお陰です。

投稿: baja | 2011年9月 8日 (木) 15時55分

こんばんは!
子供が大きくなってからのキャンプは若い時のそれと同じとは行きません。
ですが、キャンプはキャンプ、日常生活から離れる意味では昔も今も変わりません。
現代のキャンプは又それなりの楽しみがあります。
どうぞ楽しんできて下さい。

投稿: しゃむ吉 | 2011年9月 8日 (木) 21時57分

bajaさん、いつもありがとうございます。
久しぶりのテント泊、どうなるかな?とまるで初心者に戻ったような気分です。よく考えたら、アコードワゴンの荷室に積む順番も、すっかり忘れてしまっています。
行くのは2週間後なのですが、待ちきれません。
bajaさんも、キャンプ、久々にいかがでしょうか?

投稿: Coupe Camper | 2011年9月 9日 (金) 19時07分

しゃむ吉さん、いつもありがとうございます。
そうですね。一体、どんなキャンプになるでしょうか?
初心者の戻ったみたいで、わくわくです。
またレポートします。

投稿: Coupe Camper | 2011年9月 9日 (金) 19時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンプ場予約:

« 震災ボランティア参加 | トップページ | 中秋の名月 »