« 朝の散歩道 | トップページ | 白梅 花開く »

2010年1月24日 (日)

愛車の色の写真での表現

Img_0602

愛車アコードワゴン(CM2型)のカラーは、「バーモントグリーン・パール」です。大のお気に入りの車なので、これまでいつも愛車の写真を撮ってきました。しかし、しばしば「見た目より明るいグリーン」になってしまうことがありました。

こんな時、フォトショップなどで加工して見た目に近い感じに仕上げておりました。理由はよくわかってませんでした。

しかし、本を買って一眼レフの勉強をしているうちに、なぜ上記のような現象が起こるのかがわかりました。

コンパクトデジカメのオート撮影は、色潰れや白抜けを防ぐため、画像全体の明るさ自体を調整してしまうことが原因だったのです。黒いものを撮影すると、全体を明るくして、細部まできちんと描写するのが、オート撮影の仕組みだったのでした。アコードワゴンのバーモントグリーンは、ダーク系のグリーンですので、結果、全体がどうしても明るめにでてしまっていたのでした。

それを補正するのが、マニュアル撮影モードだったんですね。
実は前のコンパクトデジカメ(Canon PowerShot S30)でもマニュアルモードはついていたのですが、そんなことは全く知りませんでした。
やはり道具をきちんと使いこなすためには、知ることと実践することが重要なのですねえ。

今朝も凍るような寒い朝でしたが、空は雲一つない快晴です。
毎週洗車している愛車を撮影してみました。露出補正をマイナスに若干かけて、バーモントグリーン・パールの艶やかさを出してみました。
ドイツ製の高性能コーティング剤「ポリラック」を1ヶ月に1度かけています。年末にかなり念入りにかけたのですが、洗車の時にこぼれるように流れる水の玉が、効果が持続していることを証明してくれています。

来月初めに3回目の車検(新車から丸7年)を受けます。

|

« 朝の散歩道 | トップページ | 白梅 花開く »

アコードワゴン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛車の色の写真での表現:

« 朝の散歩道 | トップページ | 白梅 花開く »